祥伝社黄金文庫<br> がんにならない毎日の食習慣

個数:
  • ポイントキャンペーン

祥伝社黄金文庫
がんにならない毎日の食習慣

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2017年07月23日 20時14分現在)
  • 【出荷予定日とご注意事項】
    ※上記を必ずご確認ください


    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 227p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784396315207
  • NDC分類 491.65

内容説明

日本人の2人に1人がかかり、先進国で日本だけが急増中のがん。この“国民病”は、食事療法で防げることを臨床例から実証。脳卒中、心臓病にも有効。有効率63.7%の食事療法を考案した医師が、はじめて書いた「がんの予防法」。

目次

1章 先進国で日本だけ、がん死が急増!
2章 なぜ、人間はがんになるのか?
3章 がんには食事療法が有効
4章 「済陽式食事療法」8原則
5章 がんにならない食習慣
6章 がんにならない食材選び
7章 がんにならない生活習慣

著者紹介

済陽高穂[ワタヨウタカホ]
1945年宮崎県生まれ。千葉大学医学部卒業後、東京女子医科大学消化器病センター入局。1973年、テキサス大学外科教室に留学、消化管ホルモンについて研究。東京女子医科大学助教授、都立荏原病院外科部長、都立大塚病院副院長(千葉大学医学部臨床教授も兼任)を経て、現在、西台クリニック院長、三愛病院研究所所長。臨床医として消化器疾患4000例(その半数ががん)を手術、がん患者を対象にした食事療法を考案する。先祖は、17世紀に中国から渡来、九州の都城・島津氏に仕えた薬師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)