祥伝社黄金文庫<br> 雪月花の数学―日本の美と心をつなぐ「白銀比」の謎

個数:
  • ポイントキャンペーン

祥伝社黄金文庫
雪月花の数学―日本の美と心をつなぐ「白銀比」の謎

  • 桜井 進【著】
  • 価格 ¥596(本体¥552)
  • 祥伝社(2010/06発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 10pt
  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 190p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784396315139
  • NDC分類 410.4

内容説明

数式はすべてを知っている。日本文化における「数」の不思議を解き明かす。

目次

第1章 日本の美に潜む〓(ルート)2と正方形の謎―日本人が愛する「数」と「形」(「黄金比」に対する「白銀比」とは何か;日本の伝統建築と「白銀比=〓(ルート)2」 ほか)
第2章 黄金比が描く「動」、白銀比が示す「静」―数が明らかにしたヨーロッパと日本の感性の違い(ピラミッド、ミロのヴィーナスと「1対1.6」;『ダ・ヴィンチ・コード』にも登場する「黄金比を導く数列」とは ほか)
第3章 「五・七・五」と「素数」の関係―なぜ日本人は「3・5・7・9」の「奇数」を大切にするのか(「5音と7音の組み合わせ」は日本の伝統;北野映画でも用いられる「5」と「7」 ほか)
第4章 江戸の驚異的数学「和算」の世界―天才数学者を輩出する日本、その伝統と理由(縄文時代にも数学はあった;江戸のベストセラーとなった数学書とは ほか)
第5章 雪月花の数学―四季折々の自然を愛でる心、数式はすべてを知っていた(富士山に指数曲線が重なる事実;オイラーによる発見 ほか)

著者紹介

桜井進[サクライススム]
1968年山形県生まれ。東京工業大学理学部数学科卒業、同大学大学院卒業。サイエンス・ナビゲーター。東京工業大学世界文明センターフェロー。在学中から、講師として教壇に立ち、大手予備校で数学や物理を楽しく分かりやすく生徒に伝える。2000年、日本で最初のサイエンス・ナビゲーターとして、数学の歴史や数学者の人間ドラマを通して、数学の驚きと感動を伝える講演活動をはじめる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)