Non novel<br> 陽気なギャングの日常と襲撃

個数:

Non novel
陽気なギャングの日常と襲撃

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2020年04月06日 09時26分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 273p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784396208134
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0293

内容説明

人間嘘発見器成瀬が遭遇した刃物男騒動、演説の達人響野は「幻の女」を探し、正確無比な“体内時計”の持ち主雪子は謎の招待券の真意を追う。そして天才スリの久遠は殴打される中年男に―史上最強の天才強盗4人組が巻き込まれたバラバラな事件。だが、華麗なる銀行襲撃の裏に突如浮上した「社長令嬢誘拐事件」と奇妙な連鎖を始め…。絶品のプロット、会話、伏線が織りなす軽快サスペンス!伊坂ブームの起爆剤にして、映画化で話題の「陽気なギャング」ここに待望の復活。

著者等紹介

伊坂幸太郎[イサカコウタロウ]
1971年、千葉県生まれ。’95年東北大学法学部を卒業。’96年、サントリーミステリー大賞で「悪党たちが目にしみる」が佳作に。2000年、『オーデュボンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞を受賞してデビュー。吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞を受賞し、直木賞候補にも連続して上る、各ランキング常連の注目株(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

銀行襲撃の裏に突如浮上した「社長令嬢誘拐事件」、4人組が巻き込まれたバラバラな事件と奇妙な連鎖を始め・・・。絶品のプロット、会話、伏線が織りなす軽妙な長編サスペンス!

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件