祥伝社新書<br> 「超・長寿」の秘密―110歳まで生きるには何が必要か

個数:

祥伝社新書
「超・長寿」の秘密―110歳まで生きるには何が必要か

  • ウェブストアに362冊在庫がございます。(2019年06月19日 10時04分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 232p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784396115722
  • NDC分類 498.38
  • Cコード C0247

内容説明

日本では現在、100歳以上の方が6万人以上おり、年々増えている。しかし、110歳以上の方は146人と極端に減ってしまう。100歳と110歳の間には、大きな壁が存在するのだ。では、この壁を乗り越えて、110歳まで健康かつ幸福に生きるにはどうすればいいのか。国内屈指、4半世紀にわたる長寿者のデータが蓄積された慶應義塾大学医学部百寿総合研究センター。同所の副センター長である著者は、「超・長寿」実現のカギは遺伝子にあり、「遺伝子が使われる生活」が寿命を延ばすと説く。その具体的方法について、最新の知見を交えながら披露する。

目次

第1章 二極化する、日本人の寿命
第2章 長寿エリート
第3章 遺伝か、環境か
第4章 遺伝子に秘められた「幸運」と「幸福」
第5章 臓器の記憶
第6章 遺伝子のダメージを修復する
第7章 「超・長寿」を実現する最先端医療
第8章 「遺伝子が使われる」生活

著者等紹介

伊藤裕[イトウヒロシ]
慶應義塾大学医学部教授、同百寿総合研究センター副センター長、医学博士。1957年、京都市生まれ。京都大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。ハーバード大学医学部博士研究員、京都大学大学院医学研究科助教授などを経て現職。専門は内分泌学、高血圧、糖尿病、抗加齢医学。日本高血圧学会理事長も務める。世界ではじめて「メタボリックドミノ」を提唱した。高峰譲吉賞、井村臨床研究賞など受賞多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。