地震 住まい 生活―阪神・淡路大震災の教訓

個数:

地震 住まい 生活―阪神・淡路大震災の教訓

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 277p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784395012091
  • NDC分類 369.31
  • Cコード C3052

内容説明

地震は防げなくても、震災は防げる!記憶の風化と闘い、当事者としていま阪神・淡路大震災復興の矛盾を見直し日本の住宅政策を問い直す。

目次

序章 地震発生。何が起こったのか
1章 震災が明らかにした住宅政策の脆さ
2章 住宅復興計画に残る疑問
3章 公的支援は受けたけれど
4章 住まい・まちづくりの光と陰
5章 急がれる課題「耐震対策」
終章 これからの住宅政策に向けて

著者等紹介

岸本幸臣[キシモトユキオミ]
1940年大阪府に生まれる。1975年京都大学大学院工学研究科博士課程修了。大阪教育大学教授を経て、羽衣国際大学人間生活学部教授・大阪教育大学名誉教授、工学博士

宮崎陽子[ミヤザキヨウコ]
1975年大阪府に生まれる。2001年大阪教育大学大学院教育学研究科修士課程修了。現在、大阪市立大学大学院生活科学研究科博士課程、大阪教育大学教育学部講師(非常勤)、教育学修士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。