建築少年たちの夢―現代建築水滸伝

個数:

建築少年たちの夢―現代建築水滸伝

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月18日 18時05分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 367p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784395010271
  • NDC分類 520.28
  • Cコード C3052

内容説明

1960年代末から70年代にかけて、全共闘運動が燃えさかる中に、建築少年たちの「梁山泊」が日本各地にいくつもできた。そうした「梁山泊」の中から世界に名を轟かせる建築家が育っていった。本書は、そうした建築家たちと「梁山泊」で出会い、その活動を見続けてきた著者による、いわば「現代建築水滸伝」である。

目次

序章 近代建築批判の行方 メタボリズム以後
第1章 永遠の建築少年―安藤忠雄
第2章 建築の始原へ―藤森照信
第3章 かたちの永久革命―伊東豊雄
第4章 家族と地域のかたち―山本理顕
第5章 セルフビルドの世界―石山修武
第6章 建築の遺伝子―渡辺豊和
第7章 地球に根ざして―象設計集団
第8章 集落から宇宙へ―原広司
第9章 「世界建築」の羅針盤―磯崎新
終章 建築の根源 建築少年たちへ

著者等紹介

布野修司[フノシュウジ]
1949年島根県生まれ。1972年東京大学工学部建築学科卒業。1976年同大学大学院博士課程中退。同大学工学部助手、東洋大学工学部建築学科講師を経て、1984年東洋大学工学部建築学科助教授。1991年京都大学工学部建築学科助教授。2005年より滋賀県立大学環境科学部教授。2011年~2013年日本建築学会副会長。工学博士。1982~2000年『群居』編集長、2002~2003年『建築雑誌』編集長を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。