時代劇でござる―マゲモン作家ニヨル江戸ノ手引書

個数:

時代劇でござる―マゲモン作家ニヨル江戸ノ手引書

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2019年10月18日 20時31分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 206p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784394903550
  • NDC分類 210.5
  • Cコード C0095

内容説明

「銭形平次が投げていたのは100円玉!?」「鍔鳴りはヘボ剣士のあかし」「江戸にもあったコスプレ売春」「下に~、下に~はただの見栄」…など、この一冊で時代劇がガゼン面白くなる!「武士の家計簿」「武士の献立」「二宮金次郎」の脚本家による江戸のうんちく本。

目次

うしみつ刻ってなんどき?―時の数え方
お正月が春なわけ―江戸のカレンダー
千両箱はどれだけ重い?―お金の数え方
あちこち歩こう江戸散歩―切絵図と長屋
長屋のおかみさん、大奮闘―庶民の暮らしぶり
売って直して、ぐるぐる廻る―日々を彩る商売人
腰の刀をいつ抜くか?―大名と武士
この桜吹雪が目に入らぬか―警視総監で裁判長
与力、同心は女湯専門―江戸の警察
銭形平次の投げ銭はいくら?―岡っ引と捕物帳
刀って首を落とすもの?―チャンバラの流派
鍔鳴りはヘボ剣士のあかし―侍スピリット
なぜ、お前さんは夜鷹になった?―百花繚乱の夜
男のワンダーランド吉原―眠らない江戸
チョキっと乗りたい猪牙舟―水の都、江戸
江戸必携ガイド―『江戸名所図会』&『熙代勝覧』
江戸四宿で遊んで旅立ち―旅は気ままに
関八州は無法地帯?―旅は命がけ
知れば抜け道もある―関所に川留め
“下に~下に~”は、ただの見栄―大名行列と鯖街道
みどもは武士でござる―決めゼリフで勝負
武士は相身互いでござる―セリフの決まりごと
さんま、ふるまってくれべえかね―落語に学ぶ
二本ざしが怖くって、でんがくが食えるか―江戸の啖呵
時代劇はSFです―新しい時代劇の出現を!

著者等紹介

柏田道夫[カシワダミチオ]
1953年東京都生まれ。青山学院大学文学部日本文学科卒。脚本家、小説家、劇作家、シナリオ・センター講師。’95年、第2回歴史群像大賞、第34回オール讀物推理小説新人賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。