江戸川乱歩文庫<br> 妖虫

個数:
  • ポイントキャンペーン

江戸川乱歩文庫
妖虫

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年11月29日 03時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 426p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784394301738
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

有名な実業家の息子で法科の大学生である相川守は、妹の珠子とその家庭教師、殿村京子とレストランで食事をしていた。読唇術のできる京子は、近くの席の男たちが犯罪の打ち合わせをしていることに気づいた。彼らの話から示された空き家では、女優の春川月子が惨殺される。現場と女優の肩には赤いサソリが描かれていた。守、次の標的と狙われる珠子、老探偵三笠竜介、珠子の友人桜井品子、みな次々と殺人鬼の罠に翻弄され…。ほか「湖畔亭事件」収録。

著者等紹介

江戸川乱歩[エドガワランポ]
明治27年10月21日三重県に生まれる。早稲田大学で経済学を学びながらポーやドイルを読む。様々な職業を経験した後、大正12年、雑誌「新青年」に「二銭銅貨」でデビュー。昭和22年、探偵作家クラブ結成、初代会長に就任。昭和29年、乱歩賞を制定。昭和32年から雑誌「宝石」の編集に携わる。昭和38年、日本推理作家協会が認可され理事長に就任。昭和40年7月28日死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。