バッハ コラール・ハンドブック

個数:
  • ポイントキャンペーン

バッハ コラール・ハンドブック

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月03日 20時56分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 379p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784393937877
  • NDC分類 765.6

内容説明

ヨーハン・ゼバスティアン・バッハの教会カンタータ、モテット、受難曲、オラトリオに使用されたコラールの全歌詞(ドイツ語/日本語並記)と楽譜を網羅。大作曲家の創造の源泉ともいうべき会衆歌の宝庫。日本語とドイツ語で歌って楽しむコラール全154曲。

著者紹介

大村恵美子[オオムラエミコ]
東京バッハ合唱団主宰者・指揮者。東京芸術大学楽理科・同作曲科卒業後、ストラズブール音楽院およびストラズブール大学で作曲・指揮・音楽学を学ぶ。在学中よりバッハのカンタータ演奏を志し、留学を終えると同時に1962年東京バッハ合唱団を創立、年数回の公演を実現させつつ今日に至る。教会カンタータ、受難曲、オラトリオ、モテット、ミサ曲、宗教歌曲などバッハ声楽作品の多くを、原則として自らの訳詞によって上演している

大村健二[オオムラケンジ]
1948年生まれ。明治学院大学社会学部中途退学。美術雑誌編集者、芸術財団設立事務局長などを経て、1991年アーツフォーラムジャパン設立。多くのアートマネジメント関連企画の制作に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)