ショパンを弾く―名演奏家たちの足跡

個数:
  • ポイントキャンペーン

ショパンを弾く―名演奏家たちの足跡

  • 青澤 唯夫【著】
  • 価格 ¥2,700(本体¥2,500)
  • 春秋社(2009/10発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 50pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月11日 22時58分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 301,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393937792
  • NDC分類 762.349

内容説明

古今のピアニストはショパンをどう弾いたか。ショパン演奏150年の広大な歴史の中に名演奏家たち111人の多彩な解釈のありようを探る。

目次

1 古典派とロマン派の迫間で
2 巨匠時代の饗宴
3 個性派の登場
4 孤高の品格
5 多様化の奔流
6 知性と感性の共振
7 未来への躍進

著者紹介

青澤唯夫[アオサワタダオ]
1941年12月22日生まれ。音楽評論家。学生時代はフランス文学、ラテン語を専攻したが、傍ら作曲、音楽理論を学び、ピアノ教師を経て音楽史研究、評論活動に入る。1967年より雑誌、百科事典などに寄稿。73年共同通信社に入社。「ムジカノーヴァ」「音楽現代」「FMfan」「ステレオ芸術」「ディスクリポート」「音楽の友」「レコード芸術」「ショパン」「レッスンの友」「サンケイ新聞」「北海道新聞」「東京新聞」「モーストリー・クラシック」の演奏会評、レコード・CD評、特集、エッセイなどの執筆、各種曲目解説、FM北海道「札響アワースペシャル」のパーソナリティ、音楽賞の選考委員、コンクール審査員などを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)