今井信子 憧れ―ヴィオラとともに (増補版)

個数:

今井信子 憧れ―ヴィオラとともに (増補版)

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 260,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393935774
  • NDC分類 762.1

内容説明

20年余におよぶ音楽祭ヴィオラスペース、国際コンクールの創設。世界を牽引するヴィオラ奏者の半生記。初版の「その後」の歩みを記した増補新装版。

目次

序章 シオンの奇跡
第1章 すべては桐朋から始まった
第2章 ヴィオラ発見
第3章 室内楽の真髄
第4章 デビュー
第5章 カルテットの日々
第6章 ソリストへの挑戦
第7章 ヒンデミット・フェスティバル
第8章 ヴィオラという楽器
第9章 受け継がれるもの
終章 ノー・リスク、ノー・グローリー

著者紹介

今井信子[イマイノブコ]
1943年生まれ。国際的なヴィオラ奏者として、ソロに室内楽に活躍、後進の指導にも力を注いでいる。ヴィオラ音楽の振興に力を尽くし、特に1992年から始めた「ヴィオラスペース」は、ヴィオラの祭典として世界的に知られている。ヴィオラのための新しい作品も数多く初演し、CDも50タイトルを超えた。その功績に対して、サントリー音楽賞、芸術選奨文部大臣賞、旭日小綬章など、数多くの賞が贈られている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

齋藤秀雄の薫陶を受け、小澤征爾指揮の音楽祭で運命の音色に出会う。世界のヴィオラ界を牽引する音楽家がその稀有の足跡を振り返る。

【著者紹介】
1943年生まれ。国際的なヴィオラ奏者として活躍、ジュネーヴ音楽院などで後進の指導にも尽力。1992年に「ヴィオラスペース」を、2009年に東京国際ヴィオラコンクールを創設。2013年旭日小綬章を受章。