ヴァイオリニスト 空に飛びたくて

個数:

ヴァイオリニスト 空に飛びたくて

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年04月24日 14時53分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 243p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393935507
  • NDC分類 762.1

内容説明

35年に及ぶ欧米音楽修業・研鑽の旅。独自の発想で展開する「京都フランス音楽アカデミー」「長岡京室内アンサンブル」等、幾多の音楽実践・教育指導の場に臨む孤軍奮闘のドキュメント。

目次

第1章 ヴァイオリンでお話を
第2章 ゴーイング・マイ・ウエイ
第3章 自分探しの旅
第4章 飛翔
第5章 躍進のとき―長岡京からの発信
第6章 私の指導法―学習者本位の視点に立って
第7章 モネの絵のように―アンサンブルの新しいかたち
第8章 開かれた音楽活動

著者紹介

森悠子[モリユウコ]
高槻市に生まれる。6歳より才能教育でヴァイオリンを始め、吉富周吉、山本剛史、東儀祐二、鷲見三郎、齋藤秀雄の各氏に師事。桐朋学園大学卒業後、齋藤秀雄教授の助手を務めたのち、チェコスロヴァキア、フランスに留学。マリア・ホロニョーヴァ、ミシェル・オークレールの各氏に師事。1972年パイヤール室内管弦楽団入団、ヨーロッパ各地をまわる。同時期、古楽器演奏の黎明期のパリで、本格的な古楽の演奏にも関わり、多数レコーディングを行う。1977~87年フランス国立新放送管弦楽団(現・フランス国立放送フィル)に在籍。1988~96年リヨン国立高等音楽院助教授。1990年京都フランス音楽アカデミーを創設。以来音楽監督を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)