コンサートが退屈な私って変?―素朴な疑問に応える「クラシック・ガイド」

個数:
  • ポイントキャンペーン

コンサートが退屈な私って変?―素朴な疑問に応える「クラシック・ガイド」

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 292,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784393935354
  • NDC分類 760.4

内容説明

音楽に隠された秘密の法則って、どんな意味があるんですか?本当にそんなに論理的なの?さあ、コンサートに行こう。クラシックの醍醐味を現場から伝えるナルホドQ&A。

目次

コンサートが退屈な私って、変ですか?
プログラムは読まなきゃいけないですか?
どうして途中で拍手しちゃいけないんですか?映画館ならいいのに、コンサートはどうして飲食禁止なんですか?
いい演奏かどうか、どこで判断するんですか?作品の解釈がどうこうって、何のことですか?
コンサートのあと、どんなことを話せば笑われないですか?
どうしてコンサートはこんなに高いんですか?音楽家はどのくらい稼いでいるんですか?
音楽に隠された秘密の法則って、どんな意味があるんですか?本当にそんなに論理的なんですか?
どうしてこんなにクラシックの曲は長いんですか?
「ソナタ主要楽節形式」が聴きとれないとダメですか?
音を正しくとるって、どういうことですか?〔ほか〕

著者紹介

テヴィンケル,クリスティアーネ[テヴィンケル,クリスティアーネ][Tewinkel,Christiane]
1969年ドイツ・ウンナ生まれ(ノルトライン=ヴェストファーレン州)。フライブルク大学と同音大でドイツ文学と英文学、音楽教育学を学び、さらにハーヴァード大学へ留学、楽理と音楽学を学ぶ。同大学で講師をつとめたのち、現在ベルリン芸術大学研究員。ターゲスツァイトゥング、フランクフルター・アルゲマイネなどドイツの有力紙に音楽評論を執筆。飾り気のない人柄と明快な語り口で人気を集め、学者としてはもちろん、音楽ジャーナリストとしても広く知られている。目下、仕事と育児の両立に奮闘中。指揮者のゼバスティアン・テヴィンケルは実弟。ベルリン在住

小山田豊[オヤマダユタカ]
1963年金沢市生まれ。上智大学大学院ドイツ文学専攻博士課程満期退学。明治学院、早稲田、法政など日替わりでいくつかの大学に出講する専業非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

クラシックのコンサートには行ってみたいけど……。敷居が高そう。時代遅れの教養主義を打ち破り、自由な考えで音楽を楽しもう。