ミクロログス(音楽小論)―全訳と解説

個数:

ミクロログス(音楽小論)―全訳と解説

  • ウェブストアに19冊在庫がございます。(2018年06月22日 23時53分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 307p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784393932131
  • NDC分類 761
  • Cコード C0073

内容説明

“ドレミの始祖”として知られるグイド・ダレッツォの著作を詳細な訳注・解説とともに翻訳。中世ヨーロッパの音楽理論書として名高い『ミクロログス』の全訳をはじめ、“ドレミ”音階の由来となった記述や五線譜の起源についての記述を含む3つの文書の抜粋訳を収録。グイドの著作の解題のみならず、中世の音楽理解を助ける解説論文8本を併録。

目次

ミクロログス(音楽小論)
参考資料(抜粋訳)(韻文規則;アンティフォナリウム序文;未知の聖歌に関するミカエルへの書簡)
解説論文(『ミクロログス』解題;グイド・ダレッツォの生涯;グイド・ダレッツォ、その業績;教育者グイド―ソルミゼーション教育とその伝承;モノコルドについて ほか)

出版社内容情報

西洋音楽史上最も重要な古典文献、ついに日本語に!“ドレミの始祖”と呼ばれるグイド・ダレッツォの著作を訳注・解説とともに翻訳。西洋音楽史上最も重要な古典文献、ついに日本語に! 
“ドレミの始祖”とも呼ばれるグイド・ダレッツォの著作を詳細な訳注・解説とともに翻訳。中世ヨーロッパの音楽理論書として名高い本書『ミクロログス』の全訳をはじめ、”ドレミ”の由来となったと言われる記述を含む3つの小著の部分訳を含む。歴史的な解説および詳細な解題となる付録論文8本を併録。

グイド・ダレッツォ[グイド ダレッツォ]
著・文・その他

中世ルネサンス音楽史研究会[チュウセイルネサンスオンガクシケンキュウカイ]
翻訳