ピアニストになりたい!―19世紀もうひとつの音楽史

個数:

ピアニストになりたい!―19世紀もうひとつの音楽史

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年04月18日 19時56分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 279,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393931837
  • NDC分類 763.2
  • Cコード C0073

内容説明

ハノン、ツェルニーなど膨大な数の教則本、指の強化器具、大人数を同時に教えるスパルタ音楽教室…19世紀のピアニスト現象から読み解く、「ロマンの世紀」の驚くべき精神性。

目次

第1章 「よい演奏」とは何か―19世紀以前への一瞥
第2章 勝ち組になるのは誰?―ピアニストの誕生と演奏美学の変貌
第3章 毎日ドレドレミレミレ―指体操が始まるとき
第4章 指強化器具と人体改造の思想
第5章 聞くも涙、語るも涙の音楽院
第6章 体操と指ドリルとロマン派と―19世紀音楽の根本原理について
付論 ピアノはどんな手で弾かれてきたか―19世紀から20世紀初頭まで

著者等紹介

岡田暁生[オカダアケオ]
1960年、京都生まれ。大阪大学文学部博士課程単位取得退学。ミュンヘン大学およびフライブルク大学で音楽学を学ぶ。現在、京都大学人文科学研究所准教授。文学博士。『“バラの騎士”の夢』(春秋社、1997年)でデビューし、『オペラの運命』(中公新書、2001年)でサントリー学芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

超俗性を重んじたロマン主義時代の背後にあった驚くべき精神性。ピアノ教育の起源とその過程での「芸術」の変質を圧倒的筆力で描く。