介護の愛、老いの幸―認知症と高齢期の暮らし方

個数:

介護の愛、老いの幸―認知症と高齢期の暮らし方

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年11月20日 06時10分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 284p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393714041
  • NDC分類 369.26
  • Cコード C0047

内容説明

近親者が認知症になってしまったら…認知症の妻の介護やボランティア活動を通して「老い」と介護の問題に向き合ってきた著者が贈る心温まるメッセージ。

目次

第1章 これからどうなる高齢社会(豊かな高齢期を生きるために;高齢期の大敵“認知症” ほか)
第2章 介護 あの時、あの思い―経験者が指南する介護の実態(否定から混乱へ;怒りと拒絶 ほか)
第3章 介護ボランティアの風景(明るく、楽しく、前向きに―介護ボランティアの実践;清風荘の人々―人所者の想い、家族の想い ほか)
第4章 老年学のすすめ―来たるべき高齢期の暮らし方(老年学への誘い;高齢者の現在―時代とともに変わる家族構成 ほか)

著者紹介

武元弘文[タケモトヒロフミ]
1935年東京生まれ。早稲田大学を卒業後、興亜火災海上保険株式会社に40年近く勤務。2015年、内閣府より「エイジレスライフ章」を受章。2016年現在、「認知症家族交流会」などで認知症の介護支援と予防活動に従事。認定健康管理士一般指導員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

認知症の妻の介護をきっかけに、今では幅広く介護の問題にかかわる著者が贈る、安心して豊かな高齢期を迎えるための心温まる一冊。近親者が認知症になってしまったら……。認知症の妻の介護をきっかけに、今では介護の問題に幅広くかかわる著者が贈る、安心して豊かな高齢期を迎えるための心温まるメッセージ。

キーワードは「明るく・楽しく・前向きに!」

武元 弘文[タケモトヒロフミ]
1935年(昭和10年)、東京生まれ
1954年(昭和29年)、東京都立両国高等学校卒業
1958年(昭和33年)、早稲田大学商学部卒業、興亜火災海上保険株式会社入社。主に損害調査部門を歩む(専門は建物の評価と損害調査)
1992年(平成4年)、興亜火災損害調査株式会社常務取締役
1996年(平成8年)、同社常務取締役退任
2013年(平成25年)『私お先にゆきますわ――認知症の妻、星になる』を春秋社より上梓
2015年(平成27年)、内閣府よりエイジレスライフ実践者として「エイジレスライフ章」を受章
2015年(平成27年)、日本成人病予防協会より健康管理士一般指導員、文部科学省後援健康管理能力検定1級と認定される

現在、キャラバンメイトとして「認知症家族交流会」および「キラキラ応援隊」などで認知症の介護支援と予防活動に従事
趣味は木造住宅の設計・見積と建築