ルートヴィヒ・フォン・ミーゼス―生涯とその思想

個数:

ルートヴィヒ・フォン・ミーゼス―生涯とその思想

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月14日 09時42分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 259,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393621868
  • NDC分類 331.72
  • Cコード C0033

内容説明

「自由」と「市場」がなぜもっとも重要なのか?「リバタリアニズム」の潮流をつくった経済学者ミーゼスの生涯と思想をコンパクトにまとめた待望の入門書。

目次

第1章 ミーゼスの生涯―1881‐1973
第2章 経済学者ミーゼス
第3章 経済学の方法論とは
第4章 市場プロセスの経済学
第5章 貨幣理論、景気循環論、および利子率
第6章 自由市場の最強の擁護者として

著者等紹介

カーズナー,イスラエル・M.[カーズナー,イスラエルM.] [Kirzner,Israel M.]
1930年生まれ。ロンドン出身、ケープタウン育ちの経済学者。ニューヨーク大学でミーゼスの薫陶を受けその後45年間にわたって、同大学で教鞭をとった。ミーゼスとオーストリア経済学の普及・発展につとめ、とくに「企業家論」と「市場プロセス論」で業績をなし1970年代におけるオーストリア学派再生の中心となった

尾近裕幸[オコンヒロユキ]
1963年生まれ。國學院大學経済学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

リバタリアニズムの重鎮であり、フリードリヒ・ハイエクの師匠でもある、経済学者ミーゼスの生涯・思想をコンパクトにまとめた一冊。

【著者紹介】
1930年生まれ。ニューヨーク大学教授。オーストリア学派の経済学者で、ミーゼスの薫陶を受けた。企業論で高い評価を得ている。