渾沌の恋人(ラマン)―北斎の波、芭蕉の興

個数:

渾沌の恋人(ラマン)―北斎の波、芭蕉の興

  • ウェブストアに11冊在庫がございます。(2022年08月20日 06時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 249p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393444238
  • NDC分類 704
  • Cコード C0095

出版社内容情報

十七音の芸術表現を起点に、浮世絵、絵巻、茶の湯、能、西洋美術、哲学思想…俳人の筆は領野をまたぎ時空をこえ、縦横無尽に芸術・文学の源泉へと分け入る。なりかわり、のりうつるところに生ずる美とは。日本人の美意識の根源を探る壮大な旅。

内容説明

透徹したまなざしから濃やかに紡ぎ出されるエクリチュール。俳句を超え、芸術表現の諸相をダイナミックに往還し、日本人の美意識の深遠に迫る、斬新な芸術評論・日本文化論。

目次

プロローグ 芭蕉の恋
第1章 心身と遊(身幅の思い;北斎の「なりかわる」絵 ほか)
第2章 定型と呪(結んでひらいて;人と時のコレスポンダンス ほか)
第3章 季語と興(幽明界つづれ織;興の再生 ほか)
第4章 切れと余白(なりかわり合うこころ;切れと金雲)
終章 水、呼び交わす(無常と異界;二股大根のほほえみ)

著者等紹介

恩田侑布子[オンダユウコ]
俳人、文芸評論家。1956年9月、静岡市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業。俳誌「豈」、「酔眼朦朧湯煙句会」、連句「木の会」を経て、現在「樸(あらき)」代表。評論集『余白の祭』(深夜叢書社、2013年)により第23回Bunkamuraドゥマゴ文学賞。句集『夢洗ひ』(KADOKAWA、2016年)により第67回芸術選奨文部科学大臣賞、2017年第72回現代俳句協会賞。論作の実績により2018年第9回桂信子賞。神奈川大学全国高校生俳句大賞選考委員。現代俳句協会賞選考委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。