戦争は犯罪である―加藤哲太郎の生涯と思想

個数:

戦争は犯罪である―加藤哲太郎の生涯と思想

  • ウェブストアに21冊在庫がございます。(2018年07月18日 00時43分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 236p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393441671
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0095

内容説明

「私は貝になりたい」はBC級戦犯が遺した反戦争論と平和社会論を象徴するメッセージだった。時代の波に翻弄された獄中の思想家の苦闘を描く。

目次

プロローグ 戦争犠牲者への鎮魂歌「私は貝になりたい」
第1章 哲太郎の生い立ち
第2章 スガモプリズンの死刑囚―国家によって戦犯とされた人たち
第3章 戦争は犯罪である
第4章 再起 哲太郎の本懐
第5章 「戦争をしない国」への悲願
エピローグ 殺戮しあう戦争を二度と起こさないために

著者等紹介

小松隆二[コマツリュウジ]
慶應義塾大学(名誉教授)、白梅学園、日本ニュージーランド学会、現代公益学会、社会政策学会(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

『私は貝になりたい』の著者が真に伝えたかったこと。いまなお、現代人の心情に訴えかけてくる哲太郎の反戦争論と平和社会論の迫力。名作『私は貝になりたい』の著者・加藤哲太郎が真に伝えたかったこととは何か。獄中で書かれた論文・エッセイを手がかりに、戦争の悲惨さと不条理を徹底的に突き詰め、平和への道を模索するBC級戦犯の姿を活写。戦後73年を経てなお、現代人の心情に根底から訴えかける哲太郎の反戦争論と平和社会論の真骨頂。

小松 隆二[コマツリュウジ]
著・文・その他