母という暴力 (改訂増補版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 209p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393376010
  • NDC分類 367.3
  • Cコード C0036

内容説明

新稿「恋する十八歳少年による四歳児虐待致死事件」を加え深まる虐待の最前線を行く。どうしたら母を暴力から解き放つことができるだろう。子どもが抱える現実に近づくための“未踏の家族論”。

目次

1章 母は暴力と無縁ではない
2章 母という権力者
3章 母の二つの顔―母性の表出を妨げるもの
4章 事例研究
付論 北野武と鶴見俊輔
座談会 私は子叩きをしてきた

著者等紹介

芹沢俊介[セリザワシュンスケ]
1942年、東京に生まれる。上智大学経済学部卒業
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。