カフカはなぜ自殺しなかったのか?―弱いからこそわかること

個数:

カフカはなぜ自殺しなかったのか?―弱いからこそわかること

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年03月23日 15時14分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 263p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784393365434
  • NDC分類 940.28

内容説明

いつも死にたがっていた男の生き方―親との関係、仕事、結婚…。カフカは人生のあらゆる場面で絶望していた。それでも死を選ぶことはなかった。その事実は私たちに何を教えてくれるのか。弱さの価値をみつめなおす、現代へのヒントに満ちた一冊。

目次

死にたいと思ったことがありますか?
ガラスの壁のなかの少年
仕事をすると、死にたくなる
永遠の葛藤―したいけど、したくない
カフカがカフカになった日
誰かを好きになった日の鮮明な記憶
恋人から忠告されると、死にたくなる
彼女と結婚しても、しなくても、生きていけない
婚約と婚約解消、そして『訴訟』
2回目の婚約と婚約解消、そして…
生きたいと思ったことがありますか?

著者紹介

頭木弘樹[カシラギヒロキ]
筑波大学卒業。文学紹介者。編訳書に『「逮捕+終り」―『訴訟』より』フランツ・カフカ(創樹社)、『絶望名人カフカの人生論』フランツ・カフカ(飛鳥新社/新潮文庫)、『希望名人ゲーテと絶望名人カフカの対話』ゲーテ、カフカ(飛鳥新社)監修書に『マンガでよむ 絶望名カフカの人生論』平松昭子(飛鳥新社)。著書に、『絶望読書 苦悩の時期、私を救った本』(飛鳥新社)がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

20世紀最大の作家は、常に死を考えつつもその人生を全うした。カフカの日記と手紙を手がかりに、弱くあることの意味を再考する。二〇世紀を代表する作家カフカは、いつも死にたいと思っていました。しかし、ついに実行はしませんでした。「なぜあの人は自殺したのか?」と問われる人はあっても、自殺しなかったからといって「なぜしなかったのか?」と問われる人は珍しいでしょう。しかし、カフカはそういう人です。親との関係に苦しみ、執筆と「パンのための仕事」の狭間でもがき、結婚に不安を抱き……。人生のほぼすべての場面で苦悩していた彼は、いったいどのように人生を全うしたのでしょうか。
カフカの日記と手紙をてがかりに、弱くあることの意味を再考し、現代人にとってのヒントをちりばめた一冊。

頭木 弘樹[カシラギヒロキ]
筑波大学卒業。文学紹介者。編訳書に、『「逮捕+終り」――『訴訟』より』フランツ・カフカ(創樹社)、『絶望名人カフカの人生論』フランツ・カフカ(飛鳥新社/新潮文庫)、『希望名人ゲーテと絶望名人カフカの対話』ゲーテ、カフカ(飛鳥新社)。監修書に、『マンガで読む 絶望名人カフカの人生論』平松昭子(飛鳥新社)。著書に、『絶望読書――苦悩の時期、私を救った本』(飛鳥新社)がある。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件