虐待という迷宮

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 206p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393364758
  • NDC分類 369.4
  • Cコード C0011

内容説明

閉じた家族の出口を求めて“被害者性”を超えていく!暴力を語ること、みずからの経験を名づけることから始まる静かな希望の物語。

目次

序論 名前のない経験
1 だれがわたしを助けたのか
2 経験を語るということ
3 ふるわれた暴力と語られない“記憶”
4 暴力から遠ざかる力
自助グループの知恵と力

著者等紹介

信田さよ子[ノブタサヨコ]
1946年生まれ。臨床心理士。原宿カウンセリングセンター所長。お茶の水女子大学大学院修士課程修了。駒木野病院、嗜癖問題臨床研究所付属原宿相談室を経て95年に原宿カウンセリングセンターを設立。アルコール依存症、摂食障害、ドメスティック・バイオレンス、子どもの虐待などに悩む本人やその家族へのカウンセリングを行っている

キャンベル,シャナ[キャンベル,シャナ][Campbell,Shawna]
1954年生まれ。アミティ母子プログラムディレクター。売春、薬物依存、刑務所での服役体験などをもつ。子どもを残して家を出たが、数年前に再会し、関係を修復中。薬物依存者のカウンセラーの資格をもっている

上岡陽江[カミオカハルエ]
1957年生まれ。ダルク女性ハウス代表。薬物・アルコール依存症、摂食障害からの回復者であり、回復プログラム、自助グループを実践しつづけている。依存症の女性の回復と、現在はとくに依存症の親をもつ子どものプログラムづくりに力をそそいでいる。仲間とともに施設の運営に奮闘をつづけている。精神保健福祉士
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。