雑品屋セイゴオ

個数:

雑品屋セイゴオ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年09月18日 15時04分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 340p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784393333679
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0036

内容説明

五感で堪能するオブジェ雑品エッセイ。

目次

第1隅 赤函―器憶
第2隅 橙函―在料
第3隅 黄函―試想品
第4隅 緑函―潜像品
第5隅 青函―耽能品
第6隅 藍函―観相剤
第7隅 紫函―特贈お誂え

著者等紹介

松岡正剛[マツオカセイゴウ]
1944年、京都生まれ。オブジェマガシン『遊』編集長、東京大学客員教授、帝塚山大学教授などを経て、現在、編集工学研究所所長、イシス編集学校校長。情報文化と情報技術をつなぐ研究開発に多数かかわるとともに、編集的世界観にもとづく日本文化研究に従事

菊地慶矩[キクチヨシノリ]
1959年、東京生まれ。電気メーカーにて東京ディズニーランド全エリア照明の実施設計に携わる。後にインテリア、プロダクト、グラフィックのデザイナーを経て独立。他方、国際イルカ・クジラ教育リサーチセンター日本支部(ICERC JAPAN)の設立に参加。1991年より作家活動を開始。描き続けるネイティブ・アメリカンの理解を深めるため1995年に米国ニューメキシコ州サンタフェに移住、本格的作家活動を開始。2000年帰国(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

オブジェのフェチを語り尽くしたセイゴオワールド全開の異色の書。ノスタルジックな思い出が薫る。ウィットの効いたイラスト付。オブジェへのフェチを存分に語り尽くした、セイゴオワールド全開の異色の書。120もの「商品」を陳列し、ノスタルジックな「思い出」で味付けした。全篇にわたりウィットの効いたイラスト付。1970年代の貴重な原稿に加筆修正、さらに書き下ろしを加えた。

松岡 正剛[マツオカセイゴウ]
著・文・その他