春秋暮らしのライブラリー<br> 健やかにさよなら―今日から始める「終わり支度」

個数:

春秋暮らしのライブラリー
健やかにさよなら―今日から始める「終わり支度」

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 204p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784393333006
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0036

内容説明

そろそろ「いい人」を卒業しませんか?定年した夫を「主夫」にしよう。「子どものために」は、もう終わり。身内5人の介護と、4人の子育てに奔走した著者による、60代からの「上手な荷物のおろし方」とは。いつかは、この世を笑顔で卒業するための、明るい生き方レッスン。

目次

1 「都合のいい妻」卒業日
2 男は愛嬌、女は度胸
3 家族を生きる
4 苦労の上手な味わい方―介護から見えるもの
5 老いとのお付き合い
6 健やかにさよなら

著者等紹介

羽成幸子[ハナリサチコ]
1949年生まれ。自らの介護経験をもとに執筆、講演を行っている。祖父母、父母、姑と身内5人を看取った経験から、介護する側、される側の心のあり方、介護や子育てを終えたあとの生き方を独自の視点で提言。現在、一男三女の子どもは成人し、親業を卒業。自分の介護を意識しながら夫との共同生活を実践中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。