アメリカの大学生が自由意志と科学について語るようです。

個数:

アメリカの大学生が自由意志と科学について語るようです。

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年11月18日 07時17分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 234p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393323717
  • NDC分類 151.2
  • Cコード C0010

内容説明

ぼくたちはほんとうに自由なの?心で決定する前に脳は行動を始めていると主張するリベットの実験や、普通の人も状況しだいで残忍な行為を厭わないと示したミルグラム実験・スタンフォード監獄実験など多彩な科学実験を紹介し、人間は因果関係や状況の奴隷でなく自由意志を持つといえるのか、そもそも自由意志とは何か、をわかりやすく楽しく語る。

目次

第1章 自由意志って何を意味するの?―はじまりは月曜の午後
第2章 レギュラーの自由意志―月曜の夜に
第3章 ミドルクラスの自由意志―火曜の午後の話
第4章 リベットの脳科学実験―それは火曜の夜
第5章 fMRI実験―水曜の午後
第6章 自由意志に関するガザニガの主張―水曜の夜
第7章 ミルグラムの実験と自由意志―木曜の午後
第8章 自由意志についてのウェグナーの主張―木曜の夜に
第9章 科学的証拠とレギュラーの自由意志―金曜の午後に
第10章 科学的証拠とプレミアムの自由意志―そして金曜の夜

著者等紹介

ミーリー,アルフレッド[ミーリー,アルフレッド] [Mele,Alfred R.]
1951年生まれ。ウェイン州立大学卒、ミシガン大学よりPh.D.取得。デイヴィドソン大学准教授、同教授などを経て、フロリダ州立大学ウィリアム・H&ルーシル・T・ワークマイスター哲学教授。専門は、心の哲学、行為の哲学

蟹池陽一[カニイケヨウイチ]
1962年生まれ。東京大学卒、東京大学大学院総合文化研究科より学術修士、インディアナ大学よりPh.D.取得。元・東京大学21世紀COE「共生のための国際哲学研究センター」特任研究員、現・國學院大學兼任講師、翻訳家。専門は、20世紀分析哲学史、脳科学の哲学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

様々な科学実験の成果や多彩な哲学的考察を、アメリカの大学生たちが小咄やジョークを交えつつ語る、軽いノリなのに深い哲学会話。人間に自由意志なんてあるの? 決定論と自由意志は両立するの? そもそも自由意志って言葉で、あたしたちは何を意味しているの? さまざまな科学実験の成果や多彩な哲学的考察を、アメリカの大学生の男女が、プールバーやカフェで、小咄やジョークを交えながらぐだぐだ語る、死ぬほど軽いノリなのにとっても深い哲学会話。

アルフレッド・ミーリー[アルフレッドミーリー]
著・文・その他

蟹池 陽一[カニイケヨウイチ]
翻訳