悪の起源―ライプニッツ哲学へのウィトゲンシュタイン的理解

個数:

悪の起源―ライプニッツ哲学へのウィトゲンシュタイン的理解

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年04月25日 17時41分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 224p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393323694
  • NDC分類 104

内容説明

倫理は存在に内在する!ウィトゲンシュタインやライプニッツ、龍樹、道元、老荘思想、さらに西田哲学や和辻の倫理学と、古今東西の哲学・思想を探究したはてに到達した究竟。刻みつけられた思索の断章のなかに、読者は、宗教や哲学の閾を超越した人間本来の実存のすがたを発見する。

目次

1 哲学的断章(語り得ぬもの―「内在」(1)
「描く」という事について―「内在」(2)
古典について
教師について ほか)
2 老子と荘子(基軸の時代;有無相即;未完の完;道徳に対する存在の優位―「内在」(5) ほか)
3 ライプニッツ―「言語的内在」の形而上学(ライプニッツ試論―原子論から単子論へ;補説―ライプニッツ『弁神論―神の善意、人間の自由、悪の起源』による)

著者紹介

黒崎宏[クロサキヒロシ]
1928年生まれ。東京大学大学院哲学研究科博士課程単位取得退学。長らく成城大学教授を務め、現在は、成城大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

哲学とは何なのか? ウィトゲンシュタイン研究の第一人者にして、東洋思想にも造詣が深い碩学が、刻みつけるように綴る思想の断章。ウィトゲンシュタインやライプニッツ、龍樹、道元、老荘思想、さらに西田哲学や和辻の倫理学と、古今東西の哲学・思想を探究したはてに到達した究竟。刻みつけられた思索の断章のなかに見る、宗教や哲学の閾を超越した人間本来の実存のすがた。

黒崎 宏[クロサキヒロシ]
1928年生まれ。東京大学大学院哲学研究科博士課程単位取得退学。長らく成城大学教授を務め、現在は、成城大学名誉教授。著書に『ウィトゲンシュタインの生涯と哲学』(勁草書房)、『ウィトゲンシュタインから龍樹へ――私説『中論』』(哲学書房)、『純粋仏教――セクストスとナーガールジュナとウィトゲンシュタインの狭間で考える』(春秋社)など多数。編著書に『ウィトゲンシュタイン小事典』(山本信共編、大修館書店)がある。