哲学の始原―ソクラテスはほんとうは何を伝えたかったのか

個数:

哲学の始原―ソクラテスはほんとうは何を伝えたかったのか

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 261p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393323670
  • NDC分類 131.2
  • Cコード C0010

内容説明

哲学の祖ソクラテス。しかし彼ほど誤解されている思想家もいない。プラトンによってかえってわからなくなっている彼本来の思想を、その後の哲学の展開やキリスト教思想を参照しつつ丁寧に解き明かし、ソクラテスが説いた「無知の知」と「幸福」の真実に迫るユニークな哲学入門。

目次

第1章 三種類の哲学―ソクラテス、プラトン、アリストテレス、エピクロス(哲学を学ぶために;予備的整理―三種の哲学 ほか)
第2章 哲学と宗教(キリスト教の信仰;哲学と宗教 ほか)
第3章 キリスト教神学の形成(自由意志と堕罪;罪の原因としての自由意志 ほか)
第4章 信仰と徳、さらにその先へ(キリスト教信者の徳;日本人の徳と信仰 ほか)

著者紹介

八木雄二[ヤギユウジ]
1952年、東京生まれ。慶應義塾大学大学院哲学専攻博士課程修了。文学博士。専門はドゥンス・スコトゥスの哲学。現在、清泉女子大学ほか非常勤講師、東京港グリーンボランティア代表。東京キリスト教神学研究所所長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

古代の豊饒な哲学を再発見し、キリスト教など宗教との関係も視野に入れ、これまで見逃されてきたソクラテス哲学の本当の意義を解明。哲学は「知への愛」「真理の探究」といわれるが、本当にそうか? 哲学の始原をたどり、西洋哲学の代表となったプラトンやアリストテレスの系譜とは違う古代の豊饒な哲学世界を、ハイデガーなどとはまったく違う方向から掘り起こし、イエスの思想やキリスト教神学との関係、中世哲学への移行も視野に入れながら、プラトンによってかえってわからなくなっているソクラテス哲学の本当の意義を明らかにする。

八木 雄二[ヤギ ユウジ]
1952年、東京生まれ。慶應義塾大学大学院哲学専攻博士課程修了。文学博士。専門はドゥンス・スコトゥスの哲学。現在、清泉女子大学ほか非常勤講師、東京港グリーンボランティア代表。東京キリスト教神学研究所所長。著書に『スコトゥスの存在理解』(創文社)、『イエスと親鸞』(講談社選書メチエ)、『中世哲学への招待』『古代哲学への招待』(平凡社新書)、『「ただ一人」生きる思想』(ちくま新書)、『生態系存在論序説』『生態系存在論の構築』『生態系倫理学の構築』(知泉書簡)など。訳書に『中世思想原典集成』(共訳、平凡社)など。