聖母の博士と神の秩序―ヨハネス・ドゥンス・スコトゥスの世界

個数:

聖母の博士と神の秩序―ヨハネス・ドゥンス・スコトゥスの世界

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月21日 15時21分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 297p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393323618
  • NDC分類 132.2
  • Cコード C0010

内容説明

トマス・アクィナスと並び称せられる中世哲学の雄ドゥンス・スコトゥス。存在の一義性、個別化の原理、ペルソナ論など、中世思想を進展させ、近代科学の前提すら築いた彼の精緻な思索を複眼的にわかりやすく解説。さらに中世の世界観や神学・哲学観全体の理解にも絶好の一冊。

目次

第1章 『神と世界の秩序についての論考』のプロローグ
第2章 スコトゥス神学のなかの哲学
第3章 近代科学の曙光
第4章 直観の発見
第5章 ローマ帝国と奴隷制度
第6章 科学と心のはたらき
第7章 意志のはたらき
第8章 存在と本質
第9章 自己の存在とペルソナ
第10章 世界の秩序と科学
第11章 中世哲学は超えられるのか

著者紹介

八木雄二[ヤギユウジ]
1952年、東京生まれ。慶應義塾大学大学院哲学専攻博士課程修了。文学博士。専門はドゥンス・スコトゥスの哲学。現在、清泉女子大学ほか非常勤講師、東京港グリーンボランティア代表。東京キリスト教神学研究所所長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

中世思想を総合し、近代の科学・哲学にも多大な影響を与えた知の巨人スコトゥスの精緻で独創的な思想をわかりやすく紹介。

中世思想の最高峰、ドゥンス・スコトゥスの哲学。ヴァチカン版スコトゥス全集完結を機に、「存在の一義性」「個別化の原理」「知的直観」など、その精緻で独創的な思想を多角的にわかりやすく紹介。中世哲学の特徴や日本との比較、キリスト教的背景などさまざまな視点を交え、アリストテレス、アウグスティヌス、アヴィセンナ、トマス・アクィナスなど錚々たる哲学者の見解を総合し、近代の科学・哲学にも多大な影響を与えた知の巨人の実像を明らかにする。

【著者紹介】
1952年、東京生まれ。慶應義塾大学大学院哲学専攻博士課程修了。文学博士。専門はドゥンス・スコトゥスの哲学。現在、清泉女子大学ほか非常勤講師、東京港グリーンボランティア代表。東京キリスト教神学研究所所長。著書に『天使はなぜ堕落するのか――中世哲学の興亡』(春秋社)など。