懐疑と確実性

個数:

懐疑と確実性

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 312,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393323601
  • NDC分類 115.8
  • Cコード C0010

内容説明

近年の哲学における認識論復活の立役者・懐疑論。下手に手を出すと哲学的自殺に陥りかねない難敵だが、にもかかわらず、どうしてこんなに魅惑的なのか?本書は、多彩な議論によって懐疑論の魅力を存分に紹介しつつ、克服への確かな道筋を示す。

目次

ゲチア問題(問題の所在;阻却可能性分析を擁護する)
「知る」は指標詞か
不変主義―「知る」の厳格な用法とルーズな用法
実験哲学―ハンナは土曜日に銀行が営業していることを知っていたか
懐疑と確実性―ムーアとウィトゲンシュタイン
懐疑論論駁―ムーア的または否定神学的アプローチ
外部世界の実在に対するデカルト的懐疑
帰納の正当性に対するヒュームの懐疑
懐疑論に対する文脈主義の解決
共有知とゲームの解(ヒュームの懐疑論的論証;純粋理性のアンチノミー;規則遵守のパラドクス)

著者紹介

神山和好[カミヤマカズヨシ]
1954年、埼玉県生まれ。東京教育大学文学部フランス語学フランス文学科(フランス文学専攻)入学、同哲学科の転科し卒業。筑波大学大学院博士課程哲学・思想研究科(哲学専攻)単位取得退学。茨城工業高等専門学校講師、助教授を経て、茨城工業高等専門学校人文科学科教授。専門は、哲学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

懐疑論に挑んだウィトゲンシュタインやムーアらの議論を紹介しつつ、知の本質を問い、懐疑論克服の道筋を示唆する雄勁な思索の軌跡。

知識とは何か。そもそも人は本当に何かを知ることができるのか。われわれの知の基盤を揺るがす哲学の宿痾・懐疑論に正面から挑戦。古代のピュロン主義からヒューム、ゲチア問題など多彩な論点を検討し、懐疑論に挑んだウィトゲンシュタインやムーアらの議論を紹介しつつ、知の本質を問い、懐疑論克服の道筋を示唆する雄勁な思索の軌跡。

【著者紹介】
1954年生まれ。東京教育大学文学部卒。筑波大学大学院哲学・思想研究科(哲学専攻)博士課程単位取得退学。現在、茨城工業高等専門学校教授。