キリスト教の本質

個数:

キリスト教の本質

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2018年07月20日 02時47分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 378p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393323571
  • NDC分類 191
  • Cコード C0016

内容説明

文豪・森鴎外が絶賛したドイツ最高の碩学でありながら、カール・バルトらによって葬り去られた悲劇の神学者。その神学に秘められた政治的暗号とは何か?キリスト教の核心と歴史を大胆に描いてベストセラーとなった代表作を清新な新訳で贈り、その政治的メッセージを鋭く解明するスリリングな解題を付す。近代神学とは何か?

目次

第1部 福音(序論と歴史的な諸問題;イエスの告知の特徴;福音の主要問題と個々の問題との関係)
第2部 歴史における福音(使徒的時代におけるキリスト教宗教;カトリシズムへの発展におけるキリスト教宗教;ギリシア的なカトリシズムにおけるキリスト教宗教;ローマ的カトリシズムにおけるキリスト教宗教;プロテスタンティズムにおけるキリスト教宗教)

著者等紹介

深井智朗[フカイトモアキ]
1964年生まれ。アウクスブルク大学哲学・社会学部博士課程修了、哲学博士(アウクスブルク大学)、博士(文学)(京都大学)。現在、金城学院大学人間科学部教授。著書、『超越と認識―20世紀神学史における神認識の問題』(創文社、第13回中村元賞)、『十九世紀のドイツ・プロテスタンティズム―ヴィルヘルム帝政期における神学の社会的機能についての研究』(教文館、2009年度日本ドイツ学会奨励賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

森鴎外が近代日本のモデルとして高く評価し、カール・バルトによって葬られた悲劇の神学者の主著。その政治的メッセージとは何か?

【著者紹介】
1851年、リヴォニアのドルパット(現エストニア領)生まれ。ベルリン大学神学部教授、カイザー・ヴィルヘルム協会総裁を歴任。ビスマルクによって取り立てられ、ヴィルヘルム二世のブレイン。自由主義神学のチャンピオンとも呼ばれた。1930年没。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件