現代哲学への招待<br> 進化という謎

個数:

現代哲学への招待
進化という謎

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年06月19日 12時20分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 388,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393323540
  • NDC分類 467.5
  • Cコード C0010

内容説明

遺伝的決定論や還元主義、創造論から利己的遺伝子、進化心理学など、激論のつづく熱いトピックスを考察、その哲学的問題を浮き彫りにし、論争の裁定をも試みる刺激的な論考。現代哲学のスターに躍り出た生物学の哲学の豊饒さを存分に味わえる一冊。

目次

第1章 進化論と哲学(疾風怒涛の一九七〇年代;「遺伝的決定論」の問題圏;「遺伝子と環境との相互作用」という言説 ほか)
第2章 適応主義をめぐる論争(適応主義論争前史;宣戦布告;適応主義からの反撃 ほか)
第3章 遺伝子の目から見た進化(説明的適応主義から利己的遺伝子説へ;対立遺伝子選択説とその批判;ヘテロ接合体優位の事例に基づく対立遺伝子選択説批判 ほか)

著者等紹介

松本俊吉[マツモトシュンキチ]
1963年、愛知県瀬戸市に生まれる。1988年、京都大学理学部物理学科卒業。1991年、東京大学理学系大学院科学史・科学基礎論専攻修士課程修了。1995年、東北大学大学院文学研究科哲学専攻博士後期課程中退。2012年、慶應義塾大学大学院文学研究科から論文博士号(哲学)。現在、東海大学総合教育センター教授。専門は科学哲学、特に生物学の哲学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

男が浮気するのも遺伝子のせいなのか? ダーウィン戦争から利己的遺伝子や進化心理学まで、進化論の多彩なトピックを哲学的に考察。

【著者紹介】
1963年生まれ。京大理学部卒業、東大院科学史・科学基礎論専攻修士課程修了。東北大院文学研究科哲学専攻博士後期課程中退。慶應大博士(哲学)。現在、東海大学総合教育センター教授。専門は科学哲学、特に生物学の哲学。著書に『進化論はなぜ哲学の問題になるのか』(共著)など。主な論文に“Analyzing ‘Evolutionary Functional Analysis’ in Evolutionary Psychology” (Annals of the Japan Association for Philosophy of Science, Vol. 16, 2008)、「遺伝子選択説をめぐる概念的問題」(『生物科学』60-4、2009年)。訳書に、ジュリアン・バジーニ+ジェレミー・スタンルーム編『哲学者は何を考えているのか』(春秋社、2006年)、エリオット・ソーバー『進化論の射程――生物学の哲学入門』(共訳、春秋社、2009年)、・キム・ステレルニー+ポール・E・グリフィス『セックス・アンド・デス』(監修・解題、春秋社、2009年)がある。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件