示される自己―自己概念の哲学的分析

個数:
  • ポイントキャンペーン

示される自己―自己概念の哲学的分析

  • 中山 康雄【著】
  • 価格 ¥3,024(本体¥2,800)
  • 春秋社(2012/12発売)
  • クリスマス ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 56pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 229,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393323427
  • NDC分類 114
  • Cコード C0010

内容説明

「私」とは何か?デカルト、カント、ウィトゲンシュタインから、西田幾多郎、野矢茂樹、入不二基義らの自己論、とりわけ永井均の“私”論との対決を軸に、認知科学の成果、コミュニケーションの中で“示し”として現れる自己、自己の同一性や時間との関係など、多様な視点を複合させて、重層的現象としての「私」の正体に肉薄する。

目次

第1部 自己をめぐる哲学(自己と主体の位置付け;最近の自己論)
第2部 自己概念の探究(自己の同一性;自己についての認知科学;語りと示し;三角測量と相互認知環境;高度な情報処理が要請する特異点としての自己)
第3部 自己の構造(自己と規範;時間と自己)

著者紹介

中山康雄[ナカヤマヤスオ]
1952年、静岡県に生まれる。京都大学理学部卒業。ベルリン自由大学哲学部哲学博士(Dr.phil.)。現在、大阪大学大学院人間科学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

古今東西の哲学者の思索や最近の科学的成果もよくわかり、新しいアプローチも提案する情報豊富で、しかもスリリングな哲学の醍醐味。