現代哲学への招待<br> 推論主義序説

個数:

現代哲学への招待
推論主義序説

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお受けできません)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 308,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393323380
  • NDC分類 801.01
  • Cコード C0010

内容説明

言語表現の意味は推論におけるその役割に依存するという推論主義。それは分析哲学におけるドイツ観念論、そしてヘーゲルの復活へとわれわれを導く。ローティーやセラーズを継承するネオ・プラグマティズムの旗手ブランダム、本邦初訳。

目次

第1章 意味論的推論主義と論理的表現主義
第2章 行為、規範、実践的推理
第3章 信頼性主義の洞察と盲点
第4章 単称名辞とは何か、そして、なぜそれらがあるのか
第5章 推論から表象への社会的なみちすじ
第6章 客観性、および合理性の規範的な微細構造

著者等紹介

ブランダム,ロバート[ブランダム,ロバート] [Brandom,Robert B.]
1950年生まれ。イェール大学卒業、プリンストン大学にてPh.D.を取得。現在、ピッツバーグ大学哲学教授。専門は言語哲学、心の哲学、論理学の哲学。ポスト分析哲学、ネオ・プラグマティズムの旗手であり、またへーゲル主義者としても知られる

斎藤浩文[サイトウヒロフミ]
1963年生まれ。東京大学教養学部卒業、同大学院理学系研究科博士課程単位取得退学。現在、滋賀大学教育学部教授。専門は、言語哲学、数学・論理学の哲学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ネオ・プラグマティズムの旗手にして分析哲学におけるヘーゲル主義者ブランダムの初邦訳。彼の推論主義思想を端的に紹介する代表作。

意味の使用説を拡張し、言語表現の意味を担うのは命題であり、命題の意味は推論におけるふるまいに依存するという推論主義。それは分析哲学におけるドイツ観念論の復活であり、ヘーゲルへの接近、再評価へとつながっていく。ローティやセラーズを継承するネオ・プラグマティズムの旗手ブランダムの著書の初邦訳であり、その推論的合理性の思想をコンパクトに紹介する代表作。

【著者紹介】
1950年生まれ。イェール大学卒、プリンストン大学にてPh.D.を取得。現在、ピッツバーグ大学哲学教授。専門は言語哲学、心の哲学、論理学の哲学。とりわけポスト分析哲学、ネオ・プラグマティズムの旗手として有名。