イエスはいかにして神となったか

個数:

イエスはいかにして神となったか

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年11月21日 10時43分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 325,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393323328
  • NDC分類 192.8
  • Cコード C0016

内容説明

メシア、神の子、真の神にして真の人、イエスとはいったい何者なのか?三位一体とはどういうことか?イエスの生涯と使徒たちの活動から、異端との抗争や夥しい殉教者を出した迫害、それが一転、ローマ帝国公認宗教となり、政治に翻弄され、激しい内部対立を経て、基本教理を確立していく五世紀にもわたる思想闘争と人間模様をドラマチックに描くフランスのベストセラー。

目次

第1部 同時代の人々から見たイエス―紀元1世紀(史資料;逆説の人;特異な存在;超自然的な人物;ユダヤ教聖書の成就―「人の子」;ユダヤ教聖書からはみ出る「神の子」;後世の論争の発端―イエスは人か神か)
第2部 複数のイエス―2~3世紀(異教の地でのキリスト教徒;一つの革命、ヨハネと神の言;神なる人についての疑問;ユダヤ人キリスト教との新たな対立;グノーシス主義あるいは歴史的イエスと形而上学的キリストの対決;キリスト教正統教義の出現;静けさの前の嵐)
第3部 神なる人―4~5世紀(キリストと皇帝;ニカイアで初めての公会議;アリウスの巻き返し;コンスタンティノポリス公会議、ある普遍的な勝利;ネストリウスと「神の母」;エフェソスの「戦い」;カルケドン公会議、キリストの二つの本性について)

著者紹介

ルノワール,フレデリック[ルノワール,フレデリック][Lenoir,Fr´ed´eric]
1962年生まれ。スイスのフリブール大学卒。専攻は哲学。雑誌編集者を務めたのち、フランス国立社会科学高等研究院で博士号を取得、同研究所研究員を経て、現在、ル・モンド紙発行の『宗教の世界』誌編集長。ラジオ番組の制作・司会も務めている。作家・宗教ジャーナリストとして多数の著書がある

谷口きみ子[タニグチキミコ]
フランス語・イタリア語翻訳家。上智大学外国語学部フランス語学科卒業。ローマとジュネーヴに6年半滞在。長年実務翻訳に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

イエスの生涯から根本教理の成立まで、迫力ある思想闘争と人間模様からキリスト教の本質に迫る歴史絵巻。