現代哲学への招待<br> 思想と実在

個数:
  • ポイントキャンペーン

現代哲学への招待
思想と実在

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年12月16日 21時54分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 208,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393323205
  • NDC分類 133.5
  • Cコード C0010

内容説明

1990年代後半、それまで旗印としていた反実在論を捨てたダメットに、いったい何があったのか。事実と世界、意味論と形而上学、真理理論といった話題で20世紀分析哲学を総括しつつ、反実在論から正当化主義へと転回する思索を解説、さらに唯一の世界を捉える心の要請から、神の存在に話が及ぶなど、つねに議論を巻き起こす重鎮ダメットの哲学講義。

目次

第1章 事実と命題
第2章 意味論と形而上学
第3章 真理と意味
第4章 真理条件的意味論
第5章 正当化主義的な意味の理論
第6章 時制と時間
第7章 それ自体で在るものとしての実在
第8章 神と世界

著者紹介

ダメット,マイケル[ダメット,マイケル][Dummett,Michael]
1925年、イギリスのロンドン生まれ。1950年、オックスフォード大学クライスト・チャーチを卒業するとただちに同大学オール・ソールズ・カレッジのフェローとなる。1979年より同大学ウィカム論理学教授を務め、1992年に退職。1999年にはナイトに叙せられている。専門は、言語哲学、数学の哲学、形而上学。フレーゲの研究で一躍有名になり、以後、直観主義を背景に、反実在論や分子論的言語観など独特の立場を打ちだしつづける

金子洋之[カネコヒロシ]
1956年、北海道小樽市生まれ。1986年、北海道大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。現在、専修大学文学部教授。専門は、論理学の哲学、数学の哲学、論理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)