純粋仏教―セクストスとナーガールジュナとウィトゲンシュタインの狭間で考える

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 209p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393323151
  • NDC分類 181
  • Cコード C0010

内容説明

双子のようによく似たギリシャ懐疑哲学と仏教の〈空〉の思想。両者を丹念に読み解くとき、透徹した「縁起=言語ゲーム」の世界に揺らめくわれわれの生の真実が浮かびあがる。ウィトゲンシュタインを起点に世界史的規模で展開する哲学の本当の意味を求める旅。

目次

序論 セクストスとナーガールジュナ
第1部 セクストスの『概要』(懐疑主義;判断保留に至る方式―ドグマティズム批判;規準 ほか)
第2部 ナーガールジュナの『中論』(原因と結果―不一不異;運動の不在―不生・不住・不滅;認識主体の不在―反要素主義 ほか)
第3部 純粋仏教―セクストスとナーガールジュナとウィトゲンシュタインの狭間で考える(八不;純粋仏教;世俗諦と勝義諦)
結語 いかに生きるべきか
付論 ナーガセーナと人間機械論批判

著者等紹介

黒崎宏[クロサキヒロシ]
1928年、東京に生まれる。1966年、東京大学大学院博士課程(哲学)修了。長く成城大学教授を務め、現在は、成城大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

のりまき せんべい

1
これはキチガイみたいな名著。ヴィトゲンシュタインが極めて言語哲学的なやり方で西欧言語哲学そのものにトドメさしたことが良く分かる。加えて最後に附録として、かの有名な「ミリンダ王の問い」が付いているところだけみても、著者の仏教哲学理解の深さが良く分かる。「すごい」の一言。その内、mixiでコミュニティを作ろーっと♪2012/02/07

しょ~や

0
いろいろな思想もどこかで通ずる部分があるものですね。背クストスの議論は少し難しかったが。2017/09/07

ニック

0
涅槃に至る道筋を与えてくれます。仏教は宗教でさえなかった、ということを仏教の考えを徹底することで教えてくれています。2015/06/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12785

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。