ハコミを学ぶ―科学・魂の成長・サイコセラピー

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 201p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393322246
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C0011

内容説明

謙虚であること、自分の深い内面に触れること、共感と理解を持つこと―。サイコセラピーの核心は、心の癒しであることを超え、人と人との間に、柔らかな「愛と知の文化」を育むことにある。『ハコミセラピー』『ハコミ・メソッド』に続く、ハコミセラピー基本図書シリーズ、充実の完結篇。

目次

ハコミの三つの次元(私の歩んできた道;ハコミは魂の成長に向かう;科学・魂の成長・サイコセラピー)
第1部 科学として学ぶ(心の状態;統合と得られなかった体験;複雑系理論はなぜ重要なのか)
第2部 魂の成長として学ぶ(魂の成長に向かう実践としてのサイコセラピー;ニローダ;自分自身に耳を傾ける;マインドフルネスを使って自己を学ぶ;すてきな言葉)
第3部 サイコセラピーとして学ぶ(ボディ・サイコセラピーにおける身体表現と体験;ハコミ・ワークの目的とスタイル;隠された真実;照合枠;無意識が導き、私は従う;それは子どもたちのためによいことか)

著者紹介

クルツ,ロン[クルツ,ロン][Kurtz,Ron]
ハコミ・セラピー創始者。1934年ニューヨーク生まれ。大学で英文学と物理学を学んだ後、さまざまな心理療法、ボディ・セラピー、画期的な知的進歩である現代システム理論、そして、タオイズムや仏教のスピリチュアルな原理を何年も学んだ。これらの学習と研鑽をベースに、セラピストとしての実践を通して体験したことの頂点・集大成として、1970年代の半ばにハコミを創始した。日本を含む各国でワークショップを開き、ハコミの紹介とハコミ・セラピストの養成にあたっている

手塚郁恵[テズカイクエ]
認定ハコミ・ティーチャー。日本ホリスティック教育協会顧問、東海ホリスティック医学振興会顧問。神奈川県大和市の「ぽこぽこ」というごくふつうの家をセラピールームとして、個人セッション、ハコミ・ワークショップなどを開いている。年6回、『Rejoice』という個人誌を出している