カルト宗教事件の深層―「スピリチュアル・アビュース」の論理

個数:

カルト宗教事件の深層―「スピリチュアル・アビュース」の論理

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2017年07月21日 21時40分現在)
  • 【出荷予定日とご注意事項】
    ※上記を必ずご確認ください


    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 311p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393299296
  • NDC分類 169

内容説明

「精神の自由」を奪うカルトの実態に迫る!オウム真理教など今も活動を続けるカルト宗教が、人々を支配し隷従させる過程を、「スピリチュアル・アビュース」(霊的虐待)の視点から、個々の事件を追いながら明らかにする、渾身のルポ!

目次

序章 信仰呪縛の構造―人はいかに心を侵されるか
第1章 オウム真理教事件の源流と麻原言説
第2章 オウム真理教―弟子たちの体験と犯罪の軌跡
第3章 蠢動やまない旧称統一教会(改名世界平和統一家庭連合)
第4章 跋扈続く諸カルト今も
終章 東日本大震災被災地に響く終末の脅迫―ものみの塔と顕正会

著者紹介

藤田庄市[フジタショウイチ]
1947年東京生まれ。大正大学文学部哲学科宗教学専攻卒。フォトジャーナリスト。(公財)国際宗教研究所・宗教情報リサーチセンター研究員。日本写真家協会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報



藤田 庄市[フジタショウイチ]