禅僧が医師をめざす理由

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 184p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393136331
  • NDC分類 188.82
  • Cコード C0015

内容説明

現代の医学は身体のみを診て心を診ない傾向を強くしている。一方、宗教者は心は見るが、科学が明らかにした生命のメカニズムには無頓着である。これでいいのか。「二十一世紀の宗教者は人類の精神史を統合しつつ、なお温かく柔軟な自然科学者でなければならい」とする著者は、宗教と科学の止揚を自ら体現しようとしている。

目次

プロローグ 生と死の出会い
第1章 若き苦悩の日々(少年時代から青年時代へ;道場入門 ほか)
第2章 管長就任(仏通寺入山;“いま・ここ・自分”を生きる ほか)
第3章 僧衣から白衣へ(医師をめざす理由;医学部受験 ほか)

著者等紹介

対本宗訓[ツシモトソウクン]
1954年、愛媛県に生まれる。1979年、京都大学文学部哲学科卒業。京都嵯峨天龍僧堂にて修行。天龍寺派管長平田精耕老師に嗣法。1993年、脳済宗仏通寺派管長・同僧堂師家就任。2000年4月、帝京大学医学部医学科入学。同年11月、仏通寺派管長・師家辞任。現在、一宗教者にして帝京大学医学部二年生
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

禅宗の管長・師家が,大学医学部を受験,医学生になった。地位も名誉も投げ捨てて,なにゆえ医学の道を進むのか。人間の〈生〉と〈死〉を問う,渾身のノンフィクション。