日本仏教を問う―宗学のこれから

個数:

日本仏教を問う―宗学のこれから

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年11月17日 02時41分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 288p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393134245
  • NDC分類 182.1
  • Cコード C0015

内容説明

日本仏教の未来をにぎるのは宗学である!日本仏教を代表する宗派の学問“宗学”の実態・歴史を振り返り、仏教学やデジタル・ヒューマニティーズの展開とあわせてその課題を熱く語る意欲作。

目次

第1部(「宗学」再考に関する試論;天台宗学における宗教的体験の位置;真言宗の宗学の現状を考える;宗学をいかに学ぶか―素読の意義;真宗大谷派における宗学の問い直し―大谷大学の真宗学の名称をめぐって日蓮宗における宗学の解釈とその方法論―浅井要麟の宗学論を視点として;近世天台数学とテキスト;宗学の未来像)
第2部(変貌する学問の地平と宗学の可能性;私の坐禅修行と宗学―エッセー風に;宗学再考にむけて)

著者等紹介

元山公寿[モトヤマコウジュ]
1960年、埼玉県生まれ。現在、智山勧学会理事長、真言宗智山派真福寺住職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

宗派の学問〈宗学〉について、その実態・歴史・課題を検討し、デジタル・ヒューマニティーズとあわせて、日本仏教の未来を問い直す。宗派の学問〈宗学〉について、その実態・歴史・課題を検討し、世界で展開されているデジタル・ヒューマニティーズとあわせて、日本仏教の未来を問い直す意欲作。

智山勧学会[チサンカンガクカイ]
編集

元山 公寿[モトヤマコウジュ]
監修