現代日本語訳 日蓮の立正安国論

個数:

現代日本語訳 日蓮の立正安国論

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年03月23日 15時14分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 256p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784393113448
  • NDC分類 188.93

内容説明

歴史的名著を日蓮の意図どおりに正しく理解する。予備知識なしで誰でも読める、きわめて平易な訳文。難解な仏教語には、本文中に説明を織り込むなどの工夫を凝らし、「解説」では当時の時代背景や鎌倉祖師たちの国家論にも言及する。

目次

第1部 立正安国論 現代語訳(災難の原因についての問答;災難の経証についての問答;謗法の状況についての問答;謗法の人と法についての問答;災難の実例についての問答;上奏の可否について考える;災難の対策についての問答;正法を誹謗中傷する者の根絶;正法を誹謗中傷する者への対策ならびに立正安国の問答;正法を誹謗中傷する者への対策を心の底から理解する)
第2部 解説(『立正安国論』の構成と内容;『立正安国論』上奏をめぐる時代と人物;『立正安国論』の「安国」とは何か)

著者紹介

正木晃[マサキアキラ]
1953年、神奈川県生まれ。筑波大学大学院博士課程修了。国際日本文化センター客員助教授等をへて、現在、慶應義塾大学非常勤講師。専門は宗教学(チベット・日本密教)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

『立正安国論』の画期的な現代語訳。難解な訳語を避けて、一般読者にも容易に理解できるような種々の工夫がなされている。『立正安国論』は、当時、天変地異が続発するのは浄土思想という邪法の流布が原因だとして法然を徹底批判し、正法である法華経を中心とすべき旨を力説した警世の書。本書の第?部は極めて明快な訳文、第?部は、その時代背景や人物、「安国」の意味などを解説。

正木 晃[マサキアキラ]
1953年、神奈川県生まれ。筑波大学大学院博士課程修了。国際日本文化センター客員助教授等をへて、現在、慶應義塾大学非常勤講師。専門は宗教学(チベット・日本密教)で、特に修行における心身変容や図像表現を研究。独自にマンダラ塗り絵を考案し、20年以上前から大学の講義などで活用。著書は「マンダラ塗り絵シリーズ」(春秋社)をはじめ、『はじめての宗教学』『楽しくわかるマンダラ世界』『「千と千尋」のスピリチュアルな世界』(春秋社)、『密教』(講談社)、『からだでつかむ仏教』(佼成出版社)など多数。