逆境力―どん底の日々がボクに力をくれた

電子版価格 ¥486
  • 電書あり

逆境力―どん底の日々がボクに力をくれた

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 215p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784391136029
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0077

内容説明

通信簿はオール1。いじめを苦に自殺未遂を図ったことも。天涯孤独の中卒フリーターで、1ヶ月の生活費が13円…。そんなどん底の生活を抜け出し、23歳で夜間高校入学、そして名古屋大学へ。教師として活躍する著者の「人生は変えられる」という熱いメッセージ。

目次

第1章 躓いたら立ち上がればいい
第2章 どうして勉強をするようになったのか
第3章 努力が実を結べば自分は変わる
第4章 なにもかも投げ出したくなったときどうするか
第5章 人はいつでも成長することができる
対談 宮本延春&陰山英男

著者紹介

宮本延春[ミヤモトマサハル]
1969年愛知県生まれ。小学生のときにいじめで学校嫌いになり、落ちこぼれて高校へは進学できず。15歳、中卒で見習い大工に就職。その後、16歳で母を亡くし、続けて18歳で父を亡くす。天涯孤独の身となり、フリーターとなって自分の人生を模索する。23歳のとき偶然アインシュタイン博士の番組をみて、物理学に興味を持ち、独学で勉強をはじめる。24歳で定時制高校へ進学し、27歳で名古屋大学に合格して大学院まで進み、9年間物理の研究に没頭する。現在は母校である豊川高校にて、教師として毎日を励んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)