• ポイントキャンペーン

頭のよい子の家にはなぜホワイトボードがあるのか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 191p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784391134582
  • NDC分類 379.9
  • Cコード C0076

内容説明

難関中学校に合格した家庭200件を大調査。頭のよい子のお父さん、お母さんだけが知っている「家庭の習慣」とは。

目次

第1章 子どもの力を伸ばすために発想を転換しよう!(頭のよい子を育てるには「ソフト」と「コミュニケーション」が大切;愛情をしっかり伝えれば、子どもは自然とできる子になる)
第2章 子どもを伸ばすお母さんの「育む力」とは?(お母さんの愛情が欠かせない「頭のよい子」の子育て;子どもを温かく見守り、しっかり育てる家の構造とは ほか)
第3章 子どもの目標となるお父さんの「役割」とは?(子どもは「すごいお父さん」に自分を認めてほしい;子どもに夢を与えるのは父親の仕事 ほか)
第4章 難関校に受かった子どもの住まいと家族関係の「共通点」(過去の記録を大切にされれば、子どもは愛されていると実感する;エンジョイ子育て その6 筑波大学附属駒場中学に合格した浩君のケース―ベッドの上の両親の写真が素直な気持ちに導く ほか)
第5章 子どもを伸ばす温かいコミュニティの再建へ(両親を目標にできる子どもはだれよりも幸せ;エンジョイ子育て その11 麻布中学に合格した純君のケース―姉の受験での経験が弟には通じない? ほか)

著者紹介

四十万靖[シジマヤスシ]
株式会社eco‐s corporation(エコス・コーポレーション)代表取締役。1959年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、82年、伊藤忠商事入社。03年、慶應義塾大学とのライセンス契約による住宅総合コンサルティング会社、事業投資会社eco‐s corporationを設立、取締役に就任し、現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)