名医の図解 よくわかる子宮がん・卵巣がん

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 143p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784391134544
  • NDC分類 495.43
  • Cコード C0077

内容説明

手術・抗がん剤・放射線療法など知っておきたい最新治療の知識から気になる術後のトラブルとケアまで、早朝発見とよりよい治療を受けるための安心読本。

目次

プロローグ 女性特有のがんが心配なあなたへ(子宮がん・卵巣がんの早期発見のポイント;がんの治療法はここまで進歩している ほか)
1章 子宮がん・卵巣がんの基礎知識(女性の体のしくみを再認識しよう;あなたは、がんについてどこまで知っていますか? ほか)
2章 子宮がん・卵巣がんの検査と診断(婦人科ではこのような検査が行われる;画像診断ではこんな情報が得られる ほか)
3章 子宮がん・卵巣がんの治療法(子宮頚がん・子宮体がんの治療法;子宮頚がんの進行期別治療法 ほか)
4章 術後のトラブルとケア(退院後にはこんな点に気をつけよう;広汎子宮全摘出後に多くみられる排尿障害 ほか)

著者等紹介

清水敬生[シミズヨシオ]
国際医療福祉大学教授。国際医療福祉大学三田病院女性腫瘍センター長。山王メディカルプラザ副院長。1954年広島県生まれ。1983年大阪大学医学部大学院修了後、大阪府済生会中津病院産婦人科に勤務。1996年George Washington University留学を経て、1997年前癌研究会附属病院婦人科医長、2003年国際医療福祉大学教授、山王メディカルプラザ女性腫瘍センター長、2005年山王メディカルプラザ副院長、2007年より現職(国際医療福祉大学三田病院)。旭川医科大学、北海道大学、東京大学、東京大学大学院、獨協医科大学の非常勤講師を兼務。日本癌治療学会評議員、日本婦人科腫瘍専門医、日本産科婦人科学会認定医、日本がん臨床試験推進機構企画グループ員、骨盤外科機能温存研究会世話人、Radio‐surgery研究会世話人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。