情報考学―WEB時代の羅針盤213冊

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 511p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784391133547
  • NDC分類 019.04
  • Cコード C0077

内容説明

過去、現在、そして未来を見通す軽快なコメントが人気の書評ブログ「情報考学Passion For The Future」。その書き手として、アルファブロガーのひとりにも称される著者は、IT企業の若きCEOとして多忙を極めながら、今も平日は1日1冊の読書を欠かさない。1年365日ブログを更新し、書評し続けるそのエネルギーはどこからもたらされるのか?本書はブログ上の膨大な書評群から213冊をピックアップするとともに、著者の読書術を初公開。WEB時代のリテラシーを磨く読書スタイルが、今ここに明かされる。

目次

1 将来を見通す27冊
2 ネット社会を理解する24冊
3 ネットを活用する19冊
4 勉強法を知る22冊
5 個性とは何かを考える25冊
6 発想法を学ぶ29冊
7 自己啓発で元気になる29冊
8 組織と向き合う18冊
9 日本を見つめる21冊

著者紹介

橋本大也[ハシモトダイヤ]
ITビジネスの起業家、コンサルタント。90年代後半、学生時代にネットの面白さに感動し、ITベンチャーを立ち上げた。以降、インターネットの世界にどっぷりと浸かって10年を過ごす。書評を中心にしたブログ「情報考学Passion For The Future」を2003年9月から開始。2005年に読者投票で「アルファブロガー」に選ばれる。データセクション株式会社代表取締役。株式会社ネットエイジチーフエバンジェリスト。株式会社早稲田情報技術研究所取締役。株式会社メタキャスト取締役。株式会社日本技芸取締役。デジタルハリウッド大学助教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)