• ポイントキャンペーン

志の輔らくご的こころ―ふしあなから見た

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 239p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784391132953
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

目次

直木賞作家東野圭吾作品を落語「しかばねの行方」に
志の輔らくごで1カ月、パルコ独占
新しい映像落語の誕生、WOWOW志の輔らくご
週刊朝日トップ5ページに落語家登場
豪快なスキージャンプには豪快なルールを
三菱東京UFJが「寿限無」なわけ
「もったいない」に水さすPSE
会津訛りは民主党を救うか
ウィニー(Winny)とは、斉藤君のこと
ラスベガス便りその1舞台に巨大プール〔ほか〕

著者紹介

立川志の輔[タテカワシノスケ]
1954年富山県射水市(旧・新湊市)出身。明治大学経営学部在学中は落語研究会に所属。大学卒業後、劇団・広告代理店勤務を経て1983年立川談志門下入門。1990年5月立川流真打昇進。文化庁芸術祭受賞など、これまで多数の賞を受賞。独自の視点で現代を語り、古典・新作を問わず落語に新しい息吹を吹き込む「志の輔らくご」。定期公演も含め年間150本以上の落語会を開催している。また、2006年1月には渋谷パルコ劇場にて「志の輔らくご in パルコ」10周年を迎え1カ月公演を成功させる。テレビ番組の司会、ラジオのパーソナリティなど幅広い活躍を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)