小さな花のナチュラルアレンジ―パリ・京都 花のある暮らし12か月

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 95p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784391132779
  • NDC分類 627.9
  • Cコード C0077

目次

「お正月のお飾りを手作りしました」
「新年を祝うアレンジメントは小さくかわいく」
「おせちのテーブルにも、やっぱり花を飾ります」
「こちらは、2日からもう平常通りです」
「バレンタインデーにまつわる、素敵な花の思い出をひとつ…」
「パリのバレンタインは赤薔薇が主役です」
「春色の球根花を低く生けて、お雛様パーティをしました」
「水仙とチューリップ。球根のまま飾って成長を楽しみます」
「わが家のベランダに本当の春がやってきました」
「パリも、春めいてきました」〔ほか〕

著者紹介

佐伯美奈[サエキミナ]
1994年、大学卒業後に渡仏。パリ、モンパルナスのアトリエ『LIEUDIT』(リューディ)、アラン・シアンフェラーニ夫妻のもとにて研修。2002年に同夫妻の養女となる。同夫妻の引退後2005年7月からは、アトリエを引き継ぎオーナーとなる

浦沢美奈[ウラサワミナ]
京都、西陣の生まれ。フリーのフラワーコーディネーターを経て、1992年、フローリストショップ『プーゼ』をオープン。現在は雑誌媒体で活躍するとともに、京都市内に3店舗、アレンジメント教室『プーゼアトリエ』を主宰。『ラキャリエール』講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)