• ポイントキャンペーン

言わぬが花―萬屋に嫁ぎ、獅童を育てて

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 165p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784391132076
  • NDC分類 774.04
  • Cコード C0095

目次

歌舞伎舞台(京都育ちが歌舞伎の家に嫁いで;萬屋という家 ほか)
きもの舞台(私流きもの術;着物はロマン、夢の架け橋 ほか)
おつきあい舞台(おつきあいは女性の仕事;短くても手紙 ほか)
ふたたびわが家のこと

著者等紹介

小川陽子[オガワヨウコ]
昭和15年3月、京都に生まれる。同志社女子中学・高等学校、文化学院に学ぶ。昭和38年、三世中村時蔵三男・三喜雄氏のもとに嫁ぎ、萬屋こと小川家の嫁として姑に仕え、一人息子・二代目獅童のために奮闘した。着物姿は“自らの個展”の主旨のもと、草木染めと日本刺繍の研究会「風染の会」を主宰。「アクターズ・スタジオ」講師を務めたほか、現在は「中村獅童事務所」の代表である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Miya

8
中村獅童さんのお母様の本。息子さんへの愛情を感じる。あとがきまで素敵。2016/08/30

おみか

2
中村獅童さんのお母様が書かれた本です。 垣間見える梨園の独特な世界も面白いですし、お着物に対する情愛も すごく感じられます。 刺繍の腕前もすごいっ!1人の女性の生き方として参考にさせてもらいたいな~と思える内容でした。 が・・・竹内結子さんとまだ離婚されてない時に描かれたようで、頻繁に名前が出てきて今読むとちょっと(→o←)ゞイタイかな。2013/01/20

ちょび

1
獅童さんのお母様のご本。歌舞伎界、梨園の嫁に期待される事柄がよくわかりました。役者を引き立てるスタッフとしてのとても重いお役目です。2016/01/13

よくこ

0
すごい!2013/12/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/217200

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。