FUJIKO HEMMING:Esprit de Paris

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 126p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784391130492
  • NDC分類 762.1
  • Cコード C0095

出版社内容情報

ヨーロッパツアー同行取材で現地写真満載。初公開の炎の人生。インタビュー生声CD付きの豪華本です。

内容説明

絶望との闘い、未来への希望…その挫折と栄光で綴られた炎の人生を、衝撃の初告白。奇跡のピアニスト、フジ子・ヘミングのすべてがここに!ヨーロッパ密着取材「インタビュー収録CD付き」。

著者等紹介

フジ子・ヘミング[フジコヘミング]
東京音楽学校出身ピアニスト・大月投網子とロシア系スウェーデン人の画家で建築家のジョスタ・ジョルジ・ヘミングを両親としてベルリンに生まれる。5歳の時帰国、以来母親の手ひとつで東京に育ち、ピアノを始める。青山学院高等部在学中、17歳でコンサート・デビュー。東京芸大在学中には毎日コンクール入賞、文化放送音楽賞など多数受賞。28歳でドイツへ留学。ベルリン音楽学校を卒業後、パウル・バドゥーラ・スコダに師事。ヨーロッパで演奏家としてのキャリアを積み作曲家・指揮者のブルーノ・マデルナとソリスト契約。しかし、リサイタルの直前に風邪をこじらせ聴力を失うアクシデントに見舞われる。失意の中ストックホルムへ移住し、耳の治療をしつつ音楽教師の傍ら演奏活動を続ける。1995年に帰国し、上野の奏楽堂でコンサートを再開する。1999年2月11日、NHKのドキュメント番組『フジ子~あるピアニストの軌跡~』が放映され大反響となる。1stアルバム『奇蹟のカンパネラ』がミリオンセラーになる。2001年6月ニューヨーク・カーネギーホールにて初リサイタルを成功後、現在パリを拠点に欧州、アメリカ、日本などで精力的に定期公演、リサイタルを開いている
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しらたま

0
才能とは一体なんなのでしょうか。世間で評価される=才能 ではないと思うし、生きている間には認められず、不遇のまま亡くなっていった芸術家も大勢いると思います。自分で自分には才能があると信じて、続けていく強さこそが才能なのかもしれません。2011/06/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/787737

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。