扉をあけて。小さなギャラリー

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 87p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784391130478
  • NDC分類 673.7
  • Cコード C0076

出版社内容情報

独自の価値観をもつ若者がつくる、個性豊かなショップやギャラリーを日本各地へ訪ね、1冊にまとめる。

内容説明

ひとりでそっと訪ねたい11軒のとっておきの場所。器、布、家具、古道具―。店主自らの、もの選びにまつわる物語にひとつひとつ耳を傾けてください。

目次

1章 1日かけて1軒だけを訪ねたい店(ATELIER N°18 TRAVAIL;すみれ洋裁店;Mamma Mia!;den)
2章 店主の気持ちに触れたい店(はじかみ;ささや;木テーブル;嬉染居)
3章 異国の風を感じる店(GRAIN D’AILE;Marcello;Somoan)

著者等紹介

一田憲子[イチダノリコ]
OLを経て編集プロダクションへ転職、のちにフリーの編集・ライターに。インテリアを中心に、暮らしまわりのテーマを手がけて12年になる。ストーリーのある文章が魅力で、数多くの女性誌で活躍
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mura_わくわく

47
【読みたい本読了】一田さんがギャラリーと呼ぶ小さい店。一田さんが(自分も含めて(笑))若い頃、全く見えなかった1本の道。しかし、若い彼らには見えている。静かにたんたんと過ごしている彼らを知りたく本書を作ったと。衣食住がとってもシンプル。ブログでアドラーの本を最近読んだとのこと。そこに書かれていたこと。「あなたは世界の中心ではない」ということと「人と競争しない」ということ。2016/07/06

れいぽ

3
一田さんに案内されているかのように楽しめる「小さなギャラリー」探訪。若い店主が多いのも、いいですね。旅先の、ふらりと入ったお店でお気に入りのものをみつける。そんな偶然、いつか自分にもあるといいな。2012/07/25

emiko

1
流行を追わず、ものに対する見方がぶれないよな。 お店をする人って、みんな接客が得意だと思っていたが 意外や意外!! 人と喋るのに苦手意識を持っている人って多い。 京都の『はじかみ』 福岡の『ささや』 この2店が気になった。 特に、古道具は古いままでは売りませんという ささやさんの考え方に、骨董品に対する見方は 180度変わった。2021/07/14

ベア

0
全国に様々なギャラリーがあるんだなあと思った。一田さんの視点、筆力、好きです。2017/01/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/489434

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。